文化服装学院通信講座 課題②ー返却

こんにちはOKIKOです!

年が明けてから、黙々と課題③のブラウスと向き合う日々を過ごしています。


そんな中、

12月に提出した課題②のパンツが戻ってきました~!

待ってましたーーー!!

お・か・え・りーーー♪♪




成績は96点!

やったーーー!!

思っていたよりもずっと高くて嬉しい!


なんて大喜びではしゃいでますが、

本当は私の中で成績よりも重点をおいていることがあります。


それは、、、


この服装コースは、せっかく文化の先生に教えていただける大切な機会。

それならば、好成績を狙って無難な作品に取り組むより、点数は気にせずに色々チャレンジして、それが正しくできているかどうかを評価していただこう!ということです。

これはコンペではないので、成績よりも今後のスキルアップに重点を置きたいなと。

(でもやっぱり高得点はうれしい!うれしいものはうれしい!)


それで今回は、玉縁ポケットやシームポケットをつけたり、ウエストは後ろゴムにしみたり、必須条件ではないにも関わらず、部分縫いをいくつか盛り込んでみました。

減点のリスクは増えますが、関係ない。ゴン攻めです。

44歳、真冬の大冒険です(笑)



ところが、戻ってきてみたら・・・

先生のコメントが少々あっさりすぎて・・・凹

モリモリ盛り込んだ部分縫いは全スルー(悲)

記入欄はまだ余ってるので、もっと色々指摘してもらいたいし、正解ならもっと褒めてもらいたいですぅーーーー(泣)


そう言ったら、夫に「子供だねー」と言われました。

はい!私は褒られて伸びる「大人コドモ」でーす♪



こちらは学ぶ気満々なので、もっと辛口で攻めてきてもらいたいです!!

少なくとも、ウエストベルトの質問に対する回答は欲しかったですね。

ちょっと残念。

あ、、、なんかめちゃくちゃ愚痴っぽいですね。

違います、違います!

愚痴でも批判でもないですよーー。

個人的な感想と要望と期待です。

どうぞ誤解なくお願いします。


それではこのへんで。

OKIKOでした~



はなりま工房

Handmade&HawaiianQuilt

0コメント

  • 1000 / 1000