刺し子をはじめました。

 こんにちは。OKIKOです。 

ハワイアンなハワイアンキルトから一転、和の伝統模様の刺し子をはじめてみることにしました。


 きっかけは、親しくしていただいている草木染の作家さんとの出会い。 

 その方が来年予定されている個展で、彼女が染めた生地で布小物を仕立ててほしいというご依頼をいただきました。

 その打ち合わせの中、ふと彼女が試作された刺し子のコースターが目にとまり・・・ 

 それを見た途端に、ぶくぶくと刺し子への興味が湧き出して。

 作家さんが染めた生地に刺し子で模様を入れたら、ぜったい素敵な作品になるよね!

 と、、、フンフン鼻息が荒くなってしまったのです(笑)


 早速、図書館で本を数冊借り、ユザワヤに道具を買いに走り。

 初心者向けの模様をひとつ、仕上げてみました。

 七宝つなぎです。 

 晒の布巾にあらかじめ図案とステッチが点線で描かれている便利なキットを使いました。



 本当はキットを使わずにイチから自分で作りたいのですが、ここは初心者。

 最初はおとなしくガイドに沿って縫ってみることにしました。


 ステッチを使って模様を表現するというあたり、キルトと共通しています。

 ですが、針の太さ、糸の太さ、ステッチの間隔などはかなり違っていて、刺し子の方が全体的に「大」でした。 

なのでしばらくはガイドに沿って、刺し子の間隔の感覚(🤣)を身に着けたいと思います。


 七宝つなぎのキットはユザワヤさんで買いましたが、100円ショップでも刺し子のキットが売っているんですね~。 

しかも、まぁまぁ充実していて驚きました! Seriaさんで買ってきました。



ユザワヤさんのキットが1個400円ほど。

 Seriaさんなら3つ買ってもおつりがきますね。

 サイズはミニサイズになりますが、いろいろな模様の練習をするにはちょうどいいです。

 

キルトの時とおなじく、刺し子も独学ではじめます。

 今は、本や、ネットや動画など、自分でいくらでも情報をあつめられる時代。 

幸せです♪♪ 


 お教室に通えば、より上達への近道を進めるかもしれません。

 一人の先生について、「●●流」を極めるということ対する憧れもありますし、尊敬もしています。

 だけど私にはそれが難しくて、ひとつの方法に縛られるのがちょっと苦手・・・

いろんな人の作り方を参考にして、 多種多様な方法の中から気に入ったところをピックアップして、 自分なりの方法をカスタマイズしていくのが好きです。 

 自分で作るものだから、私にとっての「自己流」を極めることが一番しっくりと、 気持良く、長続きできる方法なんですよね。(*^-^*) 


そんなこんなで、ここ数日インターネットで刺し子修行の旅に出かけておりました。

 あちこちのサイトを旅する中で、 たまたま目にしたのが東京の桧原村にある「刺し子館」 これはさっそく見に行かなくては!とお出かけしてきました。 

ですがちょっと長くなりましたので、このお話はまた次回に送ります\( ̄︶ ̄*\)) 


それでは今日はこの辺で。 

OKIKO 



 

0コメント

  • 1000 / 1000