ハワイアンキルト タペストリーの仕上げ①


こんにちは。OKIKOです。

昨年の年末から取り組んでいた、大判キルトがついに仕上げ段階に入りました!


大判といっても、ベッドカバーのような巨大なものではなく、100cmサイズ(正確には97cmオーダー)なので、当初の完成予定は4月末でした。


ところが、年が明けてまもなくコロナが忍び寄ってきて、予定が大幅に変わってしまいました・・・


はじめの頃はとにかくマスク、マスク、マスクでした。

最近では普通に買えるようになりましたが、しばらくずっとマスク不足でしたよねー。


2月から5月頃までは、毎日マスクを縫っていました。

また、自分でもマスクを縫ってみたい!と、ステイホーム中に手芸をはじめた方が増えました。


私は手芸関係の仕事をしているので、6月頃までは本当に超多忙で、体力不足もあり、キルトと向き合う時間が減ってしまいました・・・


オーダーといっても身内からの依頼で、納期のないものでしたので、いろいろ詰め込まれた中で後回しに・・・。ごめんなさい!

9月頃から心を入れ替え再び取り組み、先日ついにキルティングの工程が終了しました!!!


ながい、ながい、道のりでした。


これから縁取りをつけて最終仕上げをしていきます。


タペストリーの作り方は人によって色々あるみたいですが、わたしは余白を多めにとって最後にカットしています。

数カ月かけて取り組んできたキルト。

もしこのカットでミスすると・・・

想像しただけで恐ろしいので、いつもここは本当に緊張します。


あとは、縁取りをつければ完成となります。

あ、場合によっては棒通しもいるかな。


つづきはまた後日アップしたいとおもいます。


OKIKO

0コメント

  • 1000 / 1000